葉酸サプリ生活|妊娠・妊活中におすすめのサプリメント

葉酸サプリを実際に飲んでみたレビュー評価サイト!選び方を教えます

葉酸とビタミンB12はメチオニンの代謝を助けるのがポイント

投稿日:

葉酸とビタミンB12はメチオニンの代謝を助けるのがポイント

葉酸の働きというと「妊娠中に胎児の先天性障害リスクを軽減する」というものが真っ先に思い浮かびます。このことに関しては厚生労働省も認めているわけですから、葉酸の働きとしてはもっとも重要だと言えるでしょう。

しかし、葉酸の働きはそれだけではありません。

ここでは、葉酸がホモシステインの濃度を下げ、それによって動脈硬化を予防するという一連の流れについて、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ホモシステインはアミノ酸の一種である

私たちの体の中では、口から摂取した栄養素を利用するため、日々「代謝」や「分解」などが行われています。

ホモシステインというのは、タンパク質の代謝過程で作られるもので、アミノ酸の一種なんですよ。ホモシステインは血液中に蓄積されていってしまうため、増えすぎると悪玉コレステロールと結び付いてしまいます。すると血管の壁に付着し、動脈硬化を引き起こすきっかけになるというわけです。

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の発症にもつながりますから、ホモシステインはこれらの危険因子として考えられているのです。

さて、そんなホモシステインですが、ホモシステインはタンパク質の代謝過程で作られるものなので、誰でも体内で作られているんですよ。

子どもから大人まで、健康な人ももちろんホモシステインは作られています。ではなぜホモシステインが動脈硬化の原因になるのでしょうか。全員が作られるものなら、全員動脈硬化になりやすいってこと?と思うかもしれませんね。

しかし、そうではありません。実はホモシステインは、本来ならそのまま体内に残ることはありません。というのも、ホモシステインというのは、本来ならばメチオニンが肝臓でリサイクルされる際に一時的に作られるものでしかないからです。

メチオニン→ホモシステイン→メチオニンという代謝経路をたどるのが普通です。

ホモシステインの一部は尿として排出され、一部は「システイン」という物質になり、そして残りは再びメチオニンになるのです。

なんらかの事情でホモシステインがシステインまたはメチオニンへと変換されないことが続くと、必然的にホモシステインが多くなりますよね。すると肝臓から血液内にホモシステインが流れ出てしまい、「高ホモシステイン血症」という状態になってしまうのです。

葉酸とビタミンB12はホモシステインがメチオニンに変換されるときに必要不可欠

では、ホモシステインを体内に残さないため、高ホモシステイン血症にならないためにはどうしたらいいのでしょうか。

答えは簡単です。

 

ホモシステイン→メチオニン

または

ホモシステイン→システイン

へと、ホモシステインを確実に代謝していけばいいのです。

 

ホモシステインを再びメチオニンへと代謝する過程で必要不可欠なのが、葉酸とビタミンB12という2つのビタミンです。

この2つは日頃から「同時に摂ることで相乗効果を得ることができる」と言われていますね。メチオニンの代謝に関しては、直接的に関係しているのは葉酸です。葉酸がないと、ホモシステインはメチオニンになることができません。

そんな葉酸の働きを助けているのが、ビタミンB12というわけです。葉酸が体内でしっかりと働くためには、ビタミンB12も一緒に摂る必要があると言えるでしょう。

また、ホモシステインを蓄積させないためにはビタミンB6の存在も忘れてはいけません。葉酸とビタミンB12は「ホモシステイン→メチオニン」の過程で必要なものでしたが、ビタミンB6は「ホモシステイン→システイン」の代謝に関係しています。

ビタミンB6にはアミノ酸の代謝を促進する役割がありますので、ホモシステインをシステインへと代謝するときにも補助的に関わっているのです。

ビタミンB6が不足するとシステインにできなくなるわけですから、システインになれなかったものはホモシステインのまま残ることになってしまいます。

サプリメントで動脈硬化を予防しよう

動脈硬化を予防するためには、もちろん生活習慣の改善も欠かせません。特に気を付けなければならないのは食事です。葉酸、ビタミンB12、ビタミンB6はどれも、食品に含まれているものだからです。

バランスの良い食事をしていくことで、これらのビタミンもしっかりと摂取することができるでしょう。

しかし、生活習慣の改善というのは口で言うほど簡単なものではありません。長年慣れ親しんできた行動を変えるというのは、とても難しいことなのです。

そんなときは、サプリメントを利用してみてください。葉酸、ビタミンB12、ビタミンB6が含まれたサプリメントもたくさんありますよ。これらはすべてビタミンB群なので、すべて配合されたものも多いのです。

手頃な価格のものなら

  • DHC「ビタミンBミックス」
  • 大塚製薬ネイチャーメイド「Bコンプレックス」

などがありますよ。女性なら、妊活向けサプリメントなどもいいですね。

まとめ

メチオニンの代謝には、葉酸とビタミンB12が欠かせません。この2つのビタミンは、常にお互いを支え合い、そしてお互いを高め合っていくという関係にあります。

しっかりと摂取して、メチオニンの代謝をスムーズに行えるようにしていきたいですね。

当サイトでよく購入されている葉酸サプリ

  • ランキング1位
    ベルタ葉酸サプリ
  • ランキング2位
    AFC葉酸サプリ
  • ランキング3位
    美的ヌーボプレミアム

あなたにおすすめの記事

ベルタ葉酸サプリの口コミは本当?徹底的に調べてみた! 1

ベビ待ち向け雑誌やマタニティ雑誌などでも常に見かける葉酸サプリ、「ベルタ葉酸」。妊活中や妊娠中の人なら、ベルタ葉酸サプリという名前は聞いたことはあるでしょう。 実際、口コミでの評判もかなりいいですよね ...

AFCの葉酸サプリの評判を徹底解明! 2

妊活中、妊娠中に葉酸サプリが必要だということが厚生労働省から通達されてから、早15年ほどが経ちました。今ではたくさんの葉酸サプリが販売されていますね。 そんな中、どんな基準で葉酸サプリを選べばいいのか ...

美的ヌーボプレミアムを実際飲んでみた!効果や飲みやすさを徹底レビュー 3

多くの葉酸サプリが販売されている中、口コミなどで人気を高めているのが「美的ヌーボプレミアム」です。元プロゴルファーの東尾理子さんが愛用していたとして、広告などで気になっていたという人もいるでしょう。 ...

市販でおすすめの葉酸サプリメント 4

妊娠中の葉酸の必要性が厚生労働省から正式に通達されたのは、今から15年ほど前のことです。 2002年から、母子手帳にも「葉酸が胎児の神経閉鎖障害や奇形のリスクを軽減する」「胎児の健やかな成長に必要不可 ...

葉酸の知られざる健康効果とは?健康な赤ちゃんを産むためにも葉酸は必要 5

みなさんは「葉酸」にどのようなイメージを持っているでしょうか。 葉酸と聞くと「赤ちゃんへの効果」から、「妊娠中」のイメージがある人は多いと思います。 もちろん妊娠中の赤ちゃんへの効果というのは、葉酸の ...

6

妊娠中に「葉酸」が必要だということは、今や常識ともいえる事実です。 葉酸は胎児の健康な発育には欠かせなく、先天性の異常を防ぐためにも欠かせません。 そのため、妊娠中は積極的に葉酸を摂っているという人も ...

子作り中の男性はどのくらいの葉酸を摂ると効果があるのか 7

スポンサーリンク 目次1 子作り中の男性への葉酸の効果とは?1.1 葉酸で精子の質を高めることができる1.2 子作り中の男性の葉酸摂取量は?1.3 子作り中のカップルはふたりで葉酸を飲むべき 子作り中 ...

妊娠中に葉酸サプリメントを飲むタイミング 8

葉酸は、妊娠中に欠かせない栄養素です。 葉酸は食品にも含まれていますが、妊娠中は普段の2倍もの葉酸が必要になるため、サプリメントからの摂取が推奨されています。 成人男女の葉酸摂取量の平均は推奨量を超え ...

葉酸サプリ人気ランキング 9

今、世の中にはたくさんの葉酸サプリがあります。通販限定で販売しているものもあれば、ドラッグストアなどで手軽に買えるものまで様々ですね。 葉酸サプリのほとんどは妊活中から妊娠中の女性をターゲットとしてい ...

-葉酸サプリの副作用と医学

Copyright© 葉酸サプリ生活|妊娠・妊活中におすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.