葉酸サプリ生活|妊娠・妊活中におすすめのサプリメント

葉酸サプリを実際に飲んでみたレビュー評価サイト!選び方を教えます

葉酸の吸収に胃液や内因子は必要か?

投稿日:2016年10月11日 更新日:

葉酸の吸収に胃液や内因子は必要か?

葉酸は、私たちの体が健康に過ごすためには、欠かせない栄養素です。

葉酸は妊婦のための栄養素というイメージがありますが、どんな働きがあるのかをご存じでしょうか。

ここでは、葉酸の働きや葉酸が体内でどのように吸収されるのか、そのメカニズムについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中の葉酸摂取が勧められている理由

まず、葉酸はビタミンB群の一種です。

ビタミンB9、ビタミンMと呼ばれることもありますね。

葉酸はホウレン草の葉から見つかった成分で、主に緑黄色野菜やレバーに豊富に含まれています。

そんな葉酸の働きには、このようなものがあります。

  • 核酸の合成
  • タンパク質の合成
  • 細胞分裂の促進
  • 赤血球の生成、造血作用
  • 動脈硬化、痛風の予防および改善
  • うつ病の予防
  • 認知症の予防

こうして並べてみると、葉酸は多岐に渡って効果を発揮することがお分かり頂けると思います。

妊娠中に必要だと言われているのは、「核酸の合成」「細胞分裂の促進」によるものです。

赤ちゃんが正常に成長していくためには、正常な細胞分裂が欠かせません。

葉酸は核酸を合成して細胞分裂を促しますから、葉酸が足りないとこれらの行為がうまく行われなくなるわけです。

赤ちゃんの先天性の障害を防ぐ意味でも、妊娠中の葉酸摂取は勧められています。

葉酸の吸収経路

葉酸と一言で表していますが、実は葉酸には「ポリグルタミン酸型葉酸」と「モノグルタミン酸型葉酸」の2種類が存在しています。

食品に含まれている葉酸はすべて「ポリグルタミン酸型葉酸」です。

ポリグルタミン酸型葉酸は、タンパク質などと結合した状態で体内に入ります。

私たちの体は、ポリグルタミン酸型葉酸のままでは消化・吸収することはできません。

そのため、まずは消化管の酵素によって分解、消化され、「モノグルタミン酸型葉酸」という形に変わります。

モノグルタミン酸型葉酸は小腸の上皮細胞から吸収され、小腸膜上皮細胞内で「5-メチルテトラヒドロ葉酸」になり、肝臓へと運ばれていきます。

葉酸は肝臓に貯蔵され、肝臓から必要な組織へと送られていきます。

これが、葉酸の吸収に関する仕組みです。

食品から摂った葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)は、一度消化・分解されてモノグルタミン酸型葉酸になる必要があります。

そのため、実際に体内に吸収されるのは半分ほどにまで減少してしまうのです。

たとえば、葉酸100μg分のものを食べたとしても、体内に吸収されるのは半分の50μgということです。

葉酸の吸収率が悪いと言われているのは、このためなのです。

葉酸の吸収率を高めるには?葉酸の吸収率や吸収部位はどこ?

葉酸は小腸から吸収されます。

胃や腸が空っぽの、いわゆる「空腸」から能動的に吸収されるわけです。

つまり、葉酸の吸収率を少しでも高めたいのなら、空腹の時に葉酸を摂ることをおすすめします。

食事と食事の間に摂ると、吸収が促進されることが分かっています。

これは、葉酸サプリメントにも同じことがいえます。

葉酸サプリメントの多くは、食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸ではなく、モノグルタミン酸型葉酸です。

はじめから体内に吸収されるモノグルタミン酸型葉酸の状態にしてあるため、ポリグルタミン酸型葉酸よりも明らかに吸収率は高いです。

ポリグルタミン酸型葉酸の吸収率が50%であるのに対し、モノグルタミン酸型葉酸の吸収率は85%を超えると言われています。

葉酸は体内で合成できるものではないため、毎日食事やサプリメントから補う必要があります。

毎日の食事で、葉酸が足りなくなるということはほとんどありません。

ただし、アルコール中毒の人や妊娠中の人、抗がん剤などを服用している人は葉酸不足に陥る可能性があるので注意が必要です。

アルコールや抗がん剤は葉酸の吸収を阻害してしまいます。

たとえサプリメントで葉酸を摂っていても、それだけでは全く足りないということもあります。

アルコール中毒の人や抗がん剤を服用している人は、場合によっては医療機関で葉酸の薬を処方されることがあるでしょう。

葉酸はモノグルタミン酸型葉酸になったあと小腸から吸収されます。

そのため、吸収するために胃液や内因子は必要ありません。

これらがなくても、葉酸は体内に吸収されていきます。

内因子というのは、胃壁細胞によって作られる糖タンパク質のことです。

胃内因子とも呼ばれています。

葉酸の吸収に内因子は必要ありませんが、葉酸と一緒に摂ることで効果を発揮する「ビタミンB12」の吸収には内因子が必要になります。

また、胃液も葉酸の吸収には必要ありませんが、ビタミンB12の吸収には必要になります。

実は葉酸とビタミンB12は深い関係にあり、どちらも赤血球を作って血液を作る働きがあるのです。

もともとビタミンB群というのは、単体ではそこまで効果を発揮することができません。

いくつかのビタミンB群が集まることで相乗効果を得られるものなのです。

葉酸とビタミンB12も同じで、どちらかしか吸収されないのでは意味がありません。

どちらもしっかりと吸収されることで、はじめて多くの効果や働きをもたらすのです。

ビタミンB12には葉酸の吸収を促進する働きもありますから、葉酸を摂りたいのなら、同時にビタミンB12の吸収についても頭に入れておかなければなりません。

当サイトでよく購入されている葉酸サプリ

  • ランキング1位
    ベルタ葉酸サプリ
  • ランキング2位
    AFC葉酸サプリ
  • ランキング3位
    美的ヌーボプレミアム

あなたにおすすめの記事

ベルタ葉酸サプリの口コミは本当?徹底的に調べてみた! 1

ベビ待ち向け雑誌やマタニティ雑誌などでも常に見かける葉酸サプリ、「ベルタ葉酸」。妊活中や妊娠中の人なら、ベルタ葉酸サプリという名前は聞いたことはあるでしょう。 実際、口コミでの評判もかなりいいですよね ...

AFCの葉酸サプリの評判を徹底解明! 2

妊活中、妊娠中に葉酸サプリが必要だということが厚生労働省から通達されてから、早15年ほどが経ちました。今ではたくさんの葉酸サプリが販売されていますね。 そんな中、どんな基準で葉酸サプリを選べばいいのか ...

美的ヌーボプレミアムを実際飲んでみた!効果や飲みやすさを徹底レビュー 3

多くの葉酸サプリが販売されている中、口コミなどで人気を高めているのが「美的ヌーボプレミアム」です。元プロゴルファーの東尾理子さんが愛用していたとして、広告などで気になっていたという人もいるでしょう。 ...

市販でおすすめの葉酸サプリメント 4

妊娠中の葉酸の必要性が厚生労働省から正式に通達されたのは、今から15年ほど前のことです。 2002年から、母子手帳にも「葉酸が胎児の神経閉鎖障害や奇形のリスクを軽減する」「胎児の健やかな成長に必要不可 ...

葉酸の知られざる健康効果とは?健康な赤ちゃんを産むためにも葉酸は必要 5

みなさんは「葉酸」にどのようなイメージを持っているでしょうか。 葉酸と聞くと「赤ちゃんへの効果」から、「妊娠中」のイメージがある人は多いと思います。 もちろん妊娠中の赤ちゃんへの効果というのは、葉酸の ...

6

妊娠中に「葉酸」が必要だということは、今や常識ともいえる事実です。 葉酸は胎児の健康な発育には欠かせなく、先天性の異常を防ぐためにも欠かせません。 そのため、妊娠中は積極的に葉酸を摂っているという人も ...

子作り中の男性はどのくらいの葉酸を摂ると効果があるのか 7

スポンサーリンク 目次1 子作り中の男性への葉酸の効果とは?1.1 葉酸で精子の質を高めることができる1.2 子作り中の男性の葉酸摂取量は?1.3 子作り中のカップルはふたりで葉酸を飲むべき 子作り中 ...

妊娠中に葉酸サプリメントを飲むタイミング 8

葉酸は、妊娠中に欠かせない栄養素です。 葉酸は食品にも含まれていますが、妊娠中は普段の2倍もの葉酸が必要になるため、サプリメントからの摂取が推奨されています。 成人男女の葉酸摂取量の平均は推奨量を超え ...

葉酸サプリ人気ランキング 9

今、世の中にはたくさんの葉酸サプリがあります。通販限定で販売しているものもあれば、ドラッグストアなどで手軽に買えるものまで様々ですね。 葉酸サプリのほとんどは妊活中から妊娠中の女性をターゲットとしてい ...

-葉酸サプリの副作用と医学

Copyright© 葉酸サプリ生活|妊娠・妊活中におすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.