葉酸サプリ生活|妊娠・妊活中におすすめのサプリメント

葉酸サプリを実際に飲んでみたレビュー評価サイト!選び方を教えます

ペメトレキセドの副作用は葉酸で軽減できる

投稿日:2016年11月27日 更新日:

ペメトレキセドの副作用は葉酸で軽減できる

ペメトレキセド(商品名=アリムタ)は、抗がん剤の一種です。葉酸と分子構造の似ている薬で、葉酸の働きを阻害することから「葉酸代謝拮抗薬」と呼ばれています。

ペメトレキセドは内服薬ではなく、点滴静注薬となります。

基本的には入院中に投与される抗がん剤となるのですが、なぜなのでしょうか。それは一言でいうなら、ペメトレキセドが「重大な副作用を伴う薬」だからです。

スポンサーリンク

ペメトレキセドの効果と副作用

抗がん剤はみなさんのイメージ通り、強い副作用の出るものが多いです。中でもペメトレキセドは、圧倒的に副作用が出る確率が高く、それもひどくなることが多いと言われているのです。

そのため、万が一に備えて医師の管理下で投与されているのでしょう。

実際、ペメトレキセドによる副作用は必発で、因果関係を否定できない死亡例が、臨床試験通算で1.08%も生じているのです。

これほどまでに強い副作用が出てしまうのは、ペメトレキセドが「複数の葉酸代謝経路を阻害する」ことでガン細胞の増殖を抑えているというところにあります。

たとえば同じ葉酸代謝拮抗薬であるメトトレキサートは、「ジヒドロ葉酸還元酵素」の働きを阻害することでガン細胞の増殖を防ぐ薬です。

阻害する葉酸代謝経路は1つだけなので、抗がん剤の中では比較的副作用も少なくすむでしょう。

しかし、ペメトレキセドは

  • チミジル酸合成酵素
  • ジヒドロ葉酸還元酵素
  • グリシンアミドリボヌクレオチドホルミルトランスフォーゼ

という複数の葉酸代謝酵素を同時に阻害することができるのです。

ガン細胞は私たちの想像を超えるスピードで、どんどん増殖していきます。それこそ恐ろしいスピードで増えていくのです。

そのため、何かしらの自覚症状が出たときにはすでに、身体中がガン細胞に犯されているということも少なくありません。抗がん剤で症状が抑えられる段階であったことを、まだマシだと思うしかないのかもしれませんね。

しかしガン細胞も、「DNA」がなければ増えていくことはできません。これは、ガン細胞の増殖を抑えるためにはものすごく重要なポイントだといえるでしょう。

DNAの合成さえさせなければ、ガン細胞は増えることができないのですから。

これが、ペメトレキセドの抗がん剤としての働きです。

葉酸は体内で「炭素の受け渡し」をすることでDNAの合成に関わっています。葉酸の働きである複数の経路を遮断してしまえば、当然ガン細胞のDNA合成も防ぐことができるといえます。

メトトレキサートよりも確実にガン細胞の増殖を抑えることができる反面、強い副作用が出ることは想像できますね。

それでは、ペメトレキセドの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。主なものは、やはり「葉酸欠乏」による症状です。

葉酸には赤血球を作るという作用もありますから、貧血、白血球減少、好中球減少、ヘモグロビン減少、血小板減少など、血液に関するものが多くなるでしょう。

白血球や好中球が減少するため免疫が弱まり、他の病気や合併症などを発症しやすくなるともいえます。葉酸の「DNAやRNAを合成する」という働きを断つと、こんなにもたくさんの症状が出てしまうのです。

ペメトレキセドの抗がん剤としての効果がガン細胞にのみ作用すれば一番なのですが、正常細胞の中でも細胞増殖の比較的早いものに関しては、ガン細胞と間違えて作用してしまうというデメリットがあることも否めません。

ペメトレキセドと葉酸・ビタミンB12はセットで投与する

ペメトレキセドを投与するとき、必ず葉酸とビタミンB12もセットで投与されます。ペメトレキセドのみが投与されることはありません。

これは、先ほどもお話ししたようにペメトレキセドには重篤な副作用があるためです。ペメトレキセドを投与することが確定したとき、すぐに点滴にてペメトレキセドが投与されるわけではありません。

必ず、ペメトレキセドを投与する7日前から1日1回、葉酸を0.5mg連日経口投与するのです。パンビタン末という葉酸の薬で、0.5mg飲むことになります。また、ビタミンB12に関してもペメトレキセドを投与する前から投与が始まります。

ビタミンB12は1日1回1mgを筋肉注射にて投与し、ペメトレキセドの投与が始まってからは9週ごとに1回のペースというのが一般的でしょう。

どのくらいの量の葉酸、ビタミンB12を投与するかは副作用の出方や医師の判断にもよりますから、必ずしもこの通りとは限りません。

しかし確実に言えるのは、ペメトレキセドと葉酸・ビタミンB12の投与は必ずセットである、ということ。

葉酸やビタミンB12を投与することでペメトレキセドのすべての副作用を抑えることはできませんが、これらを投与することでずいぶん軽減することはできるでしょう。

まとめ

ペメトレキセドは効果が高い反面副作用も強い薬ですから、しっかりと葉酸、そしてビタミンB12を補って少しでも副作用を軽減したいところですね。

当サイトでよく購入されている葉酸サプリ

  • ランキング1位
    ベルタ葉酸サプリ
  • ランキング2位
    AFC葉酸サプリ
  • ランキング3位
    美的ヌーボプレミアム

あなたにおすすめの記事

ベルタ葉酸サプリの口コミは本当?徹底的に調べてみた! 1

ベビ待ち向け雑誌やマタニティ雑誌などでも常に見かける葉酸サプリ、「ベルタ葉酸」。妊活中や妊娠中の人なら、ベルタ葉酸サプリという名前は聞いたことはあるでしょう。 実際、口コミでの評判もかなりいいですよね ...

AFCの葉酸サプリの評判を徹底解明! 2

妊活中、妊娠中に葉酸サプリが必要だということが厚生労働省から通達されてから、早15年ほどが経ちました。今ではたくさんの葉酸サプリが販売されていますね。 そんな中、どんな基準で葉酸サプリを選べばいいのか ...

美的ヌーボプレミアムを実際飲んでみた!効果や飲みやすさを徹底レビュー 3

多くの葉酸サプリが販売されている中、口コミなどで人気を高めているのが「美的ヌーボプレミアム」です。元プロゴルファーの東尾理子さんが愛用していたとして、広告などで気になっていたという人もいるでしょう。 ...

市販でおすすめの葉酸サプリメント 4

妊娠中の葉酸の必要性が厚生労働省から正式に通達されたのは、今から15年ほど前のことです。 2002年から、母子手帳にも「葉酸が胎児の神経閉鎖障害や奇形のリスクを軽減する」「胎児の健やかな成長に必要不可 ...

葉酸の知られざる健康効果とは?健康な赤ちゃんを産むためにも葉酸は必要 5

みなさんは「葉酸」にどのようなイメージを持っているでしょうか。 葉酸と聞くと「赤ちゃんへの効果」から、「妊娠中」のイメージがある人は多いと思います。 もちろん妊娠中の赤ちゃんへの効果というのは、葉酸の ...

6

妊娠中に「葉酸」が必要だということは、今や常識ともいえる事実です。 葉酸は胎児の健康な発育には欠かせなく、先天性の異常を防ぐためにも欠かせません。 そのため、妊娠中は積極的に葉酸を摂っているという人も ...

子作り中の男性はどのくらいの葉酸を摂ると効果があるのか 7

スポンサーリンク 目次1 子作り中の男性への葉酸の効果とは?1.1 葉酸で精子の質を高めることができる1.2 子作り中の男性の葉酸摂取量は?1.3 子作り中のカップルはふたりで葉酸を飲むべき 子作り中 ...

妊娠中に葉酸サプリメントを飲むタイミング 8

葉酸は、妊娠中に欠かせない栄養素です。 葉酸は食品にも含まれていますが、妊娠中は普段の2倍もの葉酸が必要になるため、サプリメントからの摂取が推奨されています。 成人男女の葉酸摂取量の平均は推奨量を超え ...

葉酸サプリ人気ランキング 9

今、世の中にはたくさんの葉酸サプリがあります。通販限定で販売しているものもあれば、ドラッグストアなどで手軽に買えるものまで様々ですね。 葉酸サプリのほとんどは妊活中から妊娠中の女性をターゲットとしてい ...

-葉酸サプリの副作用と医学

Copyright© 葉酸サプリ生活|妊娠・妊活中におすすめのサプリメント , 2018 All Rights Reserved.